ご家庭でのおいしい焼き方

1

冷凍保存から解凍する場合

解凍は自然解凍すると、水分と一緒に旨み成分が逃げてしまいますから、必ず、冷凍のまま、焼き網を使って直火で焼いてください。

2

焼く前にすること

網やグリルはきれいに洗っているようで脂は残っているものです。
水洗いだけでは、脂は落ちていませんから、せっかくの新鮮な干物に、酸化した脂の臭いが移ってしまいます。
まずは焼き網やグリルの網の脂をガスでよく焼きましょう。
水で十分冷やしてから、洗剤をつけたタワシで洗ってください。

3

グリルで焼く

1.空の状態で、2分程度熱してください。

2.干物をのせます。皮の方を下にしてください。

3.ガスの火力は強いですから、中火くらいにセット。

4.身側から焼いて、「きつね色」になったら裏返します。

5.皮側は、身側が3に対して、7くらいの割合でじっくり焼きます。

6.いずれも焼きすぎず、7割程度焼く感じ。見た目では、わずかに焦げ目がつく程度です。

コンロで焼く

1.グリルと同様に、身の方から焼きますが、炎は下からですから、身は下側になります。

2.魚の脂が落ちる頃を見計らって、裏返します。

3.皮側は、身側が3に対して、7くらいの割合でじっくり焼きます。

4.いずれも焼きすぎず、7割程度焼く感じ。見た目では、身の表面に焼き色がつく程度です。

 

※フライパンでも手軽に調理できます。

 フライパンにクッキングシートを敷いて焼いても、ふっくら仕上がります。

4

その日のうちに食べない分を保存する

保存は、冷凍庫に保存してください。その際、ラップの二重包みにすることで、旨み成分を逃がさないようにするとともに、空気に触れないようにします。冷凍で2~3週間以内にはお召し上がりいただきますようお願い致します。

ひもの食堂限定
「旨だれ」

三代目が醤油メ-カ-と開発したひもの専用のたれです。
白醤油の風味とまろやかさがひものの味を一層ひきたたせます。
他では味わうことのできない、当店自慢の“旨だれ”をかけて
是非ご賞味ください。

※焼いたひものにかけてご賞味下さい。かけすぎに注意して下さい